「中古車デイーラーJAPAN」

中古車ディーラーjapan

中古車ディーラーでのデメリット

中古車には価格が安いという非常に大きなメリットがありますが、何百万台とある中古車から程度が良くてお買い得な車を探すとなると、ある程度の経験やそれに関した知識がないと難しいとも言えます。中古車というのは持ち主も千差万別ですから1台1台程度が異なり、年式や走行距離、修復歴の有無などで激しく価格が変わってしまいます。お店の人から言われるがままに中古車を買ってみたら、後からトラブルが続出で結局修理費用でプラス何十万なんて例もよくありますので、買う側もそれなりの準備や知識が必要になるのです。

上記でも述べたように、中古車というのは例え同じ車種でもそれぞれ程度が異なります。予算の中で、120%満足できる車を探し出すのは目が肥えている人でもなかなか難しいことでしょう。走行距離や各種内装装備品、またはボディ・ボディーカラーなど、必ずどこかである程度の妥協が必要となります。走行距離が伸びている中古車や年式の古い中古車だと、劣化や故障、消耗品の交換時期の心配がつきまといますし、その車が正式にちゃんとメンテナンスされていたかどうか、記録簿などで確認することも非常に重要なポイントです。記録簿自体が付いてなければ、まず真っ先にその車は敬遠した方が無難でしょう。事故車の心配もありますし、もしかすると盗難車の可能性も高くリスクが大きいでしょう。

尚、以前に大きな事故に有った車でパッと見などはきちんと修理がされていても、実際はまっすぐ走らなかったり、異音やガタつきが出たりする心配もあります。また今後自身が車を買い換える時は、それは査定時にもとても大きなマイナス要因となってしまいます。当然ながら、お店選びも非常に重要であり、信頼できる販売店に巡り合えばもうそれで言う事ないのですが、良心的でない販売店に当たってしまうとわざと程度の悪い車をつかまされて、何度もそこで修理をして結局高額になることもありえます。こうならないためにも買う側もしっかりと知識を付けていなければいけません。中古車を買う時の基本的な事はより一層しっかりおさえておきながら、ぜひとも失敗しない中古車選びをしたいものですね。

中古車ディーラーTOPへ
中古車ディーラーJAPAN